ヨガインストラクター資格RYT200を短期取得するには?おすすめスクール5選

ヨガインストラクター資格短期アイキャッチ
YOGA

仕事や家事、プライベートで忙しい人は、ヨガインストラクター資格を短期で目指したいですよね。短期のヨガインストラクター養成講座なら、短期集中でヨガを学べます。この記事では、ヨガインストラクター資格が短期取得できるスクールをまとめました。取得できる期間、料金、取得できる資格、短期取得のメリット・デメリット、よくある質問もをわかりやすく解説します。

ヨガインストラクター資格とは?

ヨガの画像

ヨガインストラクターになるために、資格は正式には必要ありません。ただし現在では資格取得が主流になっており、資格を取得した方が体系的にヨガが学べる、スタジオのオーディションでアピールしやすいなどのメリットがあります。そのため資格取得をした方が、ヨガインストラクターの夢に一歩近づく近道といえます。ヨガ資格で代表的なものは、以下の2つに分かれます。

①RYT200(全米ヨガアライアンス認定)
②スクールや協会独自のヨガ資格

全米ヨガアライアンス認定RYT200は、世界共通のヨガ資格で、もっともポピュラーな資格です。2つ目のスクールや協会独自の資格でも、ヨガインストラクターとして採用されるときに優劣はないので、どちらでも問題ありません。ここでは、RYT200が取得できるスクールを見ていきたいと思います。RYT200については、以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

※参考:ヨガインストラクターのスクールで勉強すること。RYT200時間は何するの?

短期でヨガ資格が取得できるおすすめスクール5選

短期でヨガの資格が取得できるおすすめスクールについて、5つ紹介します。特徴や資格取得期間、料金も解説しているので、参考にしてください。

ヨガワークス

ヨガワークスの画像

ヨガワークスは、1987年にアメリカのカリフォルニア州で生まれたスタジオです。全米ヨガアライアンス認定「RYT200・RYT500」を生み出したスタジオでヨガインストラクター資格を取得することができます。ヨガワークスでは「平日集中コース」の4週間で取得できるコースを選べば、通学でRYT200の取得が可能です。平日9:00〜18:00の合計20日で取得を目指すので、ヨガインストラクター養成を短期集中で一気に受けたい人にぴったりでしょう。

期間 4週間
取得資格 RYT200
料金(税抜) 507,100円

公式サイト

ファーストシップ

ファーストシップの画像

FIRSTSHIP(ファーストシップ)は、全米ヨガアライアンスRYT200を短期取得できるスクールです。通学とオンラインで短期取得を目指せるので、遠方で通いづらかった人も通うことができます。早割を利用すれば、32万円台でRYT200が取得できるのでかなり安いことが魅力です。ファーストシップといえばRYT200のスクール大手なので、指導経験実績からも安心感が大きなスクールといえます。

期間 5週間ほど
取得資格 RYT200
料金(税抜) オンライン:459,091円
→早割325,455円
スクール:459,091円
→早割413,636円

公式サイト

リラヨガ・インスティテュート

リラヨガの画像

リラヨガ・インスティテュートは、2008年12月に東京・芸術大学に設立さえたヨガの総合学院です。ヨガ雑誌でもおなじみの乳井真介さんのスタジオで、直接指導が受けられます。取得できる資格はRYT200と、日本総合医学協会認定「メディカルヨガ・インストラクター養成コース」です。短期集中コースでは、計20日間でRYT200の資格取得ができます。

期間 20日
取得資格 RYT200
料金(税抜) 448,000円
→初回限定モニター特別価格405,000円

公式サイト

エクロールヨガ

エクロールヨガ

エクロールヨガは、ヨガインストラクター資格のRYT200を短期で沖縄で取得できるスクールです。東洋一といわれるビーチのある「宮古島」で、国内最短の18日間でRYT200を取得します。初心者から受けられる合宿形式なので、同期が仲良くなれるのも嬉しいポイント。宮古島のほかに、世界遺産の島「屋久島」でも合宿を受けることができます。ビーチヨガやパークヨガも楽しめるので、ヨガ資格と癒しを求める人にぴったりです。

期間 18日間
取得資格 RYT200
料金(税抜) 455,000円

公式サイト

 

YMC

YMCの画像

最後にご紹介するYMCメディカルトレーナーズスクールは、ヨガインストラクターやベビーセラピスト、整体師などの健康業界の資格が取れるスクールです。通常のRYT200取得のスクーリングでは24ヶ月ほど期間がかかりますが、合宿なら最短14日間でRYT200を取得することができます!バリまたはハワイが選べて、海外留学も叶えられますが、現在募集は行われていないようなので、詳しくはスクールにお尋ねください。

期間 ハワイ:4週間
バリ:14日間
取得資格 RYT200
料金(税抜) ハワイ:594,000円
バリ:330,000円

公式サイト

資格を短期取得するメリット・デメリット

ヨガの画像

ここからは、ヨガインストラクター資格を短期で取得するメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット

短期でヨガ資格を取得するメリットは、忙しくてもスケジュールの都合がつけやすいことがあげられます。短期集中で資格を目指せば、有給を利用して仕事を辞めずに取得できる人もいます。短期で学ぶ分、 忘れないうちに記憶を定着できることも良い点でしょう。合宿では仲間ができるため、今後のヨガインストラクター人生の中で、一生の絆が生まれます。

デメリット

一方デメリットは、体が変わる前に講座が終了してしまうことがあげられます。ヨガ初心者から始めたとして、4週間程度でインストラクターとしてバリバリの体になるかというとそうではありません。ヨガの指導力を磨くことはできますが、体の変化のスピードはもっとゆっくりになることを把握しておきましょう。

1日14時間講座を受けるスクールもあることも、大変なことのひとつです。とにかく200時間の勉強時間を確保するために、1日の学習時間が詰め込まれて、次から次に講座が進みます。さらに「明日はテストです」といきなりいわれることもあるので、睡眠不足になってしまうこともあるかもしれません。短期取得ゆえのデメリットです。

よくあるQ&A

ヨガの画像

最後に、ヨガインストラクター資格を短期で取得する際の、よくある質問について回答していきましょう。

ヨガ初心者でも大丈夫?

ヨガ初心者でも問題ありません。ただしスクールによっては、たとえばリラヨガでは「ヨガ歴3年以上」と明記されている場合は注意が必要です。

ヨガ資格の料金相場は?短期の方が安い?

ヨガ資格の料金相場は、10万円〜50万円前後が一般的で、RYT200を取得するなら50万円前後の費用を目安にしておいた方がよいでしょう。短期の方が安くなるというよりも、早割などの割引を賢く利用した方がやすくなります。

ヨガ資格を短期で取得してもキャリアに問題ない?

ヨガ資格を短期で取得しても、キャリアに問題はありません!むしろ資格を取得した経験が評価されます。ただし身体がヨガになれるように練習して、指導経験を積めるように努力し続けることは、キャリアを積み上げていく中で欠かせない要素です。

まとめ

ヨガインストラクターの資格を短期取得できるスクールは、通学、オンライン、合宿から選ぶことができます。期間も料金もそれぞれ違うので、比較して自分にぴったりな講座を見つけてくださいね。気軽に資料請求して比較してみましょう。

misato

管理人のみさとです。フリーランスのヨガインストラクターでライターをしているアラサー。年間150冊ほど本を読む読書好き、20代には女ひとりで世界一周をしました...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事