クリスマスに読みたくなる「羊男のクリスマス」【今日のセレクト本vol.40】

羊男のクリスマスアイキャッチ
BOOK

クリスマスの時期が近づくと読みたくなるのが「羊男のクリスマス」です。1989年に村上春樹さん文・佐々木マキさん・絵で、講談社から出版されています。

設定が不思議世界なのですが、最後には心がほっこり温まるような物語。癒されたい人、ちょっと不思議な本を読みたい人、村上春樹さん好きな人も読みいやすい絵本です。バレないあらすじや羊男(ひつじおとこ)とはをまとめました。

「羊男のクリスマス」のあらすじ

ドーナツ屋さんで働く羊男は、音楽の才能があるということで、聖羊上人様をお慰めするためのクリスマスソングを作曲するように依頼されます。それなのに、ちっとも作曲が進まない!

アパートの大家さんに注意されてピアノが弾けないからです。そこで羊博士から、昨年のクリスマスイブに、穴のあいたドーナツを食べた呪いだということを知ります。そこで、呪いを解くために秘密の穴に降りていく・・・という物語。

羊男とは

羊男はイラストから分かるように羊の形をした生き物。羊なのか、人間なのかはわかりません。とくに羊男である意味は説明されていないので、解釈は人それぞれで大丈夫でしょう。一生懸命なのでついつい応援したくなります。

ちなみにこの羊男、同じ村上春樹さん文・佐々木マキさん絵の「ふしぎな図書館」にも出てきます。

 

キャラクターはなんだか違うような気がするのですが、見た目は同じ。そして「ダンスダンスダンス」という小説にも羊男が出てくるようです。

羊男のクリスマスの魅力

手紙の画像

羊男のクリスマスの魅力は以下の3つ。

①大人になると忘れてしまうファンタジーな世界
②ドーナツが食べたくて仕方がなくなる
③クリスマスにプレゼントしたくなる本

摩訶不思議な世界に引き込まれてしまいました。それぞれについて詳しくご紹介します。

①大人になると忘れているファンタジーな世界

まず羊男という設定も謎、落ちていく穴で出会う人(?)たちも謎でした。こういうファンタジーって大人になるとどうも忘れてしまいがちです。

頭をもっと柔らかく、想像力豊かにしていきたいものだと感じました。セリフもいちいち考えさせられるし、そして村上春樹さんの世界観がとにかく広いので、ちょっと騙されたり、がっかりしたり、羊男と一緒に冒険するような気持ちになりました。

②ドーナツが食べたくて仕方がなくなる

ドーナツって普段食べないのですが、ドーナツがやたらと出てくるのでドーナツを食べたくなりました。読んだ人は思わず共感しちゃうと思いますが、中でもシナモンドーナツと、ねじりドーナツは外せません!本と一緒に食べ物も食べたくなる話って個人的にすごく思い出に残る気がします。

③クリスマスにプレゼントしたい本に決定!

こちらの本はクリスマスになるとよくインスタグラムにpostされているのを見ます。今回読んでその理由がよくわかりました!まずかわいい。

そして、子供から大人まで楽しめるような本になっています。子供ができたらプレゼントしたいし、大人同士のクリスマスプレゼント交換にもこの本をプレゼントしたらオシャレだなと思いました!うん、ぜひ今年のクリスマスにはそうしよう!

何度でも読みたくなる楽しい本

ドーナツを買いたくなるのはもちろん、思い出も一緒に積み重ねていきたくなるような気持ちになりました。子供が生まれたら読み聞かせる、とか、大人になっていく自分の思い出とともに積み重ねていく、とか。

ドーナツと一緒に、この本をクリスマスには楽しみたいと思います。また素敵な本を紹介しますので、お楽しみに♡

おすすめの関連記事

misato

管理人のみさとです。フリーランスのヨガインストラクターでライターをしているアラサー。年間150冊ほど本を読む読書好き、20代には女ひとりで世界一周をしました...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事