だるい梅雨におすすめのアロマオイル。リンパマッサージで全身ケア

だるい梅雨のアロマアイキャッチ
LIFESTYLE

だるい梅雨時期は、アロマオイルを使ってケアするのがおすすめです。心を前向きに、身体のむくみを改善して全身を健康に導きます。

そこでこちらの記事では、だるい梅雨におすすめのアロマオイルをご紹介します。6月や雨の日に最適な症状別のアロマブレンドと使い方、効果的なリンパマッサージ、おすすめの漢方薬もまとめました。

だるい梅雨時期におすすめのアロマ

だるい梅雨時期におすすめのアロマは、ショックな心を元気づけたり心にエネルギーをくれる柑橘系のエッセンシャルオイルと、ハーブ系のスッキリアロマがおすすめです。一覧にまとめました。

● オレンジ・スイート
● グレープフルーツ
● レモン
● ベルガモット
● ペパーミント
● ユーカリ
● ローズマリー

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1. オレンジ・スイート

オレンジの爽やかな香りで、気持ちをリラックスさせてくれます。ストレスが溜まっているとき、眠れないときに特におすすめです。年齢・性別を問わずに万人に好まれる香りなので、最初の1本のアロマオイルにもどうぞ。

2. グレープフルーツ

グレープフルーツの爽やかな香りに包まれると、沈んだ気持ちも明るくなります。気分をリフレッシュする効果、集中力を高める効果もあります。

3. レモン

レモンのフレッシュな香りで、冷静さを取り戻します。グルグル考え込んでしまった頭をクールダウンするにもおすすめ。殺菌効果が高いので、ジメジメした室内の浄化にもぴったりです。

4. ベルガモット

柑橘系の甘い香りで、気持ちをリラックスさせてくれます。「自然の抗うつ剤」とも言われているほど、心を前向きにする効果があります。食欲不振の改善にも効果的。夏バテ予防にも◎

5. ペパーミント

おなじみのメントールの香りで、心も頭の中もスッキリとします。気持ちを切り替えて、集中力を高めるのにも効果的です。

6. ユーカリ

クリアなシャープな香りを嗅ぐと、憂鬱な気持ちもスッキリとして、やる気が起こります。集中力アップしたいときにもおすすめ。

7. ローズマリー

料理で使うハーブとしてもおなじみですが、無気力な心に元気を与え、筋肉痛や神経痛を緩和したり、胃腸や呼吸器系の働きも活性化させてくれます。集中力アップ、記憶力アップにもおすすめ。

だるい梅雨時期におすすめのアロマブレンド

アロマの画像

上記でご紹介したアロマを使って、梅雨時期におすすめのアロマブレンドをご紹介します。「芳香浴」と「アロマバス」の2パターンをまとめました。

芳香浴

芳香浴は、アロマディフューザーなどを使って部屋中に香りを漂わせる方法です。マグカップにお湯を入れて、アロマオイルを垂らすだけでもOKです。

【気持ちをリフレッシュしたいとき】
・ベルガモット3滴
・レモン2滴
・ペパーミント1滴

【空気をカラッとさせたいとき】
・オレンジスイート3滴
・レモン2滴
・ローズマリー1滴

ローズマリーのパリッとしたハーブの香りが、ジメジメした空気感をパリッと感じさせてくれるので、低気圧で頭が痛いときにもおすすめです。

【爽やかに集中力を高めるレシピ】
・レモン3滴
・ペパーミント2滴
・レモングラス1滴

オフィスやお出かけ時に簡単に芳香浴をするには、ハンカチやコットン、ティッシュなどにアロマオイルをつけるだけで芳香浴が楽しめます。その場合の分量は、合計1〜2滴になるように調整してくださいね。

アロマバス

続いてご紹介するアロマバスは、湯船に浸かりながらリフレッシュする方法です。天然塩にアロマオイルを混ぜてから、お風呂へ入れますが、面倒な場合は湯船に直接アロマオイルを垂らすだけでもOKです。

【心を前向きにしたいとき】
・天然塩大さじ2
・ベルガモット3滴
・バジル2滴

【心をスッキリしたいとき】
・天然塩大さじ2
・レモン3滴
・ローズマリー2滴

どちらのレシピも簡単なので、試してみてください。敏感肌の人の場合は、肌に刺激がないように調整しながら行いましょう。

参考:精油の力で心も体もポカポカ。「アロマバス」の効果と簡単な作り方

だるい梅雨時期のアロマリンパマッサージ

手の画像

先ほどのレシピを使って、アロマリンパマッサージをすることもできます。ホホバオイルやオリーブオイルなどのお好みのオイルに、先ほどのブレンドを混ぜればマッサージオイルの出来上がりです。アロマオイルは肌に直接つけないようにご注意くださいね!

梅雨時期は身体の中にも水分がたまってむくみやすいので、老廃物を排出ししっかり解消していくことが大切です。簡単な方法をご紹介します。

①左右の鎖骨の上を10回さすってリンパ節を流す
②首の後ろの付け根から肩を5回ほどさする
③顔のリンパマッサージをする
④手首から脇まで腕を5回さする
⑤お腹のリンパマッサージをする
⑥足のリンパマッサージをする

部位別でも大丈夫ですし、全身行う場合は上記の順番で行うと効果的です。とくに足や指先はむくみが取れたのがわかりやすいので、毎日続けやすいでしょう。セルフケアが難しい人は、サロンに行くのもおすすめです。

だるい梅雨時期に取り入れたい漢方

アロマオイルと一緒に取り入れている人が多いのが、漢方です。風邪のときに葛根湯を飲む人も多いかもしれませんが、日常的に取り入れやすく、生薬が徐々に体に働きかけて健康に導きます。

生漢煎防風通聖散

生漢煎 防風通聖散

生漢煎 防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)はむくみを改善するのに効果的な漢方で、お腹周りの皮下脂肪を落とすのにも効果的です。18種類の生薬を配合し利尿効果を高めていて、便秘にも効果を発揮します。

口コミでは「トイレに行く回数が増え、ズボンが少し緩くなり体調がかなり良くなった」「冷え性、肩こりや腰痛が楽になった」と実感している人もいます。

1箱30日分(90包):7,800円
→ 新規初回定期コース3,900円

公式サイトを見る

だるい梅雨時期のアロマのまとめ

だるい梅雨時期は、自然のアロマの力を使って精神的にも肉体的にも楽になることができます。香りやハーブの力を借りて、気分をリフレッシュさせましょう!

良い香りやアロマバスで疲れをとりながら、前向きな気持ちで過ごしてくださいね。

おすすめの関連記事

misato

管理人のみさとです。フリーランスのヨガインストラクターでライターをしているアラサー。年間150冊ほど本を読む読書好き、20代には女ひとりで世界一周をしました...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事