ホットヨガで熱中症に注意。レッスン中におすすめの5つの対策

ホットヨガ熱中症のアイキャッチ
YOGA

高温多湿なスタジオの中で、たっぷり汗がかけて気持ちがいい!と人気のホットヨガ。しかし、スタジオ内で「熱中症」にならないか心配になってしまいますよね。そこでこちらの記事では、レッスン中におすすめの熱中症の対策方法をまとめました。熱中症になる原因、現役ホットヨガインストラクターの私の体験談もご紹介します。

ホットヨガで起こる熱中症の症状

高温多湿の中で行うホットヨガですが、熱中症になると様々な症状が現れてきます。

・頭痛
・めまい
・倦怠感
・無気力
・過呼吸

過呼吸など・・・。ほかにも

・ホルモンバランスの乱れ
・自律神経の乱れ
・心筋梗塞
・脳梗塞

になる場合もあります。ホットヨガは一般的な運動よりもハードな環境で行われるので、熱中症になった時の症状が重いといわれていますので、心配なときには病院へ行き、医師の診断を仰ぎましょう。

ホットヨガで熱中症になる原因

ヨガの画像

まずは熱中症になる原因について知っておくことが大切です。熱中症になる原因は以下の3つ。

● 体温の上がりすぎ
● 水分不足
● 塩分不足

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

体温が上がりすぎる

まずひとつ目は、体温が上がりすぎること。人間の身体は36〜37℃に保つために、皮膚の下に流れる血液の量を増やして熱を外に逃がしやすくしています。ホットヨガで体温が上がると全身に血液がいきわたるので、血圧が下がり、脳が酸欠状態になってしまうのです。これがめまいや立ちくらみ、フラフラする、意識を失う原因になります。

水分不足

また汗をかくことで体内の熱を外に逃がしますが、体内の水分を失ったまま水分補給をしないと、脱水症状になってしまいます。脱水症状が続くと

全身の倦怠感、嘔吐、吐き気、ホットヨガ後の頭痛などに。

塩分不足

汗は血液から作られますが、汗には電解質(イオン)が含まれているので、大量に発汗することで水分と電解質も失われます。電解質でもっとも多いのがナトリウム(塩分)なので、水分摂取だけしていると塩分不足に。しかも塩分は筋肉の収縮を調節する機能があるので、手足がつる、筋肉の痙攣などが引き起こります。ここまでいく前に、気づいて予防していきましょう。

ホットヨガで熱中症を予防する5つの方法

太陽画像

ここからは、ホットヨガで熱中症を予防する方法について見ていきましょう。以下の5つがポイントです。

● 水分をこまめに取る
● 塩分補給をする
● 無理をしない
● 体調が悪いときは休む
● しっかり睡眠をとる

どれも簡単に取り入れられるものなので、詳しく解説していきます。

1. 水分をこまめに取る

高温多湿の環境でホットヨガをする時には、水分をこまめに取ることが必要です。インストラクターからお水の案内がある以外にも、自分のペースで飲んで大丈夫です。「喉が乾く」と感じるときには熱中症が始まっているともいわれているので、こまめに水分補給をしましょう。大切なのは以下のタイミングです。

  • レッスン前
  • レッスン中
  • レッスン後

このタイミングでしっかり水分を補給して、流れた汗の分を補給していきます。レッスン中は30分で500mlのお水をとることが目安です。

2. 塩分補給も忘れずに

意外に忘れがちな塩分補給!汗と一緒にミネラルも流れてしまっているので、しっかりと補給をしておきましょう。

● 塩
● 梅干し
● スポーツドリンク
● 経口補水液
● スイカ

などで補給できます。身近なものでパパッと体調を整えておきましょう。とくに夏場はスタジオの外も中もとても暑いので、注意しましょうね。

misatoの画像
misato

レッスン後にフラフラするときは、自動販売機でスポーツドリンクを買って一気飲みをするだけで、一気に体調を整えることができますよ。

3. 無理をしない

真面目な人ほど、要注意です!無理をしないことがホットヨガにとってはとても大切。周りの人は気にしなくて大丈夫なので、心臓がドクドクして来たり、呼吸が苦しくなったら休みしましょう。その場で座ったり、チャイルドポーズで呼吸を整えても良いです。一度スタジオから出て涼しいところで一息ついてから戻るのもアリです。少し休憩するだけで、頭がスッキリします。

4. 体調が悪いときは休む

体調が悪い時に無理やりホットヨガに参加すると、さらに体調が悪化します!当たり前のことかもしれませんが、ちょっと無理しがちな人は陥ってしまうので気をつけてくださいね。ちなみに、私も生理中に参加したことがありますが、とにかく気持ち悪くなりました(苦笑)体調が悪いときには、予防のためにも潔くお休みしておきましょう。

5. しっかり睡眠をとる

睡眠不足のままホットヨガをすると、自分が思っている以上にフラフラしてしまいます。しっかりと睡眠をとってからレッスンに参加するようにしましょう。

現役ホットヨガインストラクターの熱中症体験談

ヨガのイメージ

最後に、現役ホットヨガインストラクターをしている私の体験談について少しだけご紹介します。

経験したことがあるホットヨガの熱中症

ちなみに私が体験したことがあるのは、

● 頭痛
● 倦怠感
● めまい
● ふらつき
● のぼせる

です。どれも軽いものだったので、少し休めば回復しました!これには全部理由があって、自分で原因もよーくわかっていたんです。たとえば頭痛は、塩分不足が招いたこと。そしてめまいは、具合の悪い時にレッスンに参加してさらに悪化してしまいました。つまり原因がはっきりしている自己責任で症状が出ているので、体調を整えれば熱中症にならないことがわかりました。

ホットヨガのインストラクターをして3年目の今は、熱中症になることがほとんどありません。

効果的な熱中症対策

私の中で効果的な熱中症対策は、以下のとおりです。お守りがわりにレッスンに持っていくのがおすすめです。

● タブレット
● マイボトルにポカリ

タブレットはとくに冬場はどこのドラッグストアにも売っていなくて、探すのが大変でした!秋の終わりには大量買いしてストックしておくようにしています。

ポカリスエットは粉を持っておくと、溶かすだけなので便利です。

ボトルは2時間レッスンがあるときのために大容量が便利です♡ハイドロフラスクは見た目もシンプルで、保温もしてくれるからお気に入りです。

ホットヨガで熱中症対策のまとめ

熱中症にならずにホットヨガを楽しむためのポイントをご紹介しました。どれも少しの心遣いでできる簡単なものばかりですが、少しでもサボってしまうと、一気に熱中症の可能性が高まってしまいますので気をつけてくださいね。ホットヨガは汗をたっぷりかけて、デトックス、ダイエット効果が抜群です。ぜひその面白さをたくさんの人に味わってもらえたら嬉しいです。

ホットヨガを始めてみたい人は体験がおすすめ

ホットヨガで熱中症になるリスクはありますが、予防次第できちんと防ぐことができます。ホットヨガに行くか迷ってしまっている人は、一度体験して試してみてくださいね。

◎日本最大手の大手スタジオならLAVA(ラバ)
>>ホットヨガのLAVA

◎女性におすすめのおしゃれなスタジオならロイブ
>>ホットヨガスタジオロイブ

misato
misato

どちらも500円以下で体験をしていて、時期によっては無料なことも♡公式サイトをチェックしてみてくださいね。

おすすめの関連記事

misato

管理人のみさとです。フリーランスのヨガインストラクターでライターをしているアラサー。年間150冊ほど本を読む読書好き、20代には女ひとりで世界一周をしました...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事