おすすめの人気ヨガベルト6選。ポーズが上達する使い方・選び方のポイント

ヨガベルトアイキャッチ
YOGA

「もっと足が高く上がったら良いのに!」「この姿勢であってるのかな?」とヨガのポーズの練習をおこなっているときに、疑問や希望が出てきませんか。そんなときは、ヨガベルト(ヨガストラップ)を使うと悩みも解決しちゃいます。

そこで今回は、おすすめの人気ヨガベルトについてまとめました!ヨガベルトの使い方や、商品の選び方もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

misato
misato

ストレッチを深められるので、体が硬い人にもぜひ使ってほしいアイテムです!

ヨガベルトの特徴

ヨガのポーズ

ヨガベルトはヨガストラップとも呼ばれ、ポーズを行うときに補助するための道具です。たとえば「踊り子」のポーズをする場合を例にしてみましょう。

● 足をもっとあげたい
● 体が斜めになってしまう

など柔軟性やバランス力が足りないと、一人で足を上げるのは難しいですよね。しかしヨガベルトがあれば、自分自身で補助をしながら近づけることができます

使い方はヨガベルトを足に引っ掛けて前から手で引っぱるだけで、力の入れ具合は自分次第。体が斜めになっていないかアライメントを崩さないようにしながら、自分で確認をしながら補助していけるので無理なくポーズを深めることができるのです。

股関節や肩甲骨まわりの柔軟性に自信がない人は、ヨガベルトを使って効率的に柔らかくしなやかな身体作りをしていきましょう。立って行う立位だけでなく、座って行う座位でも使うことができます。

ヨガベルトの使い方

ヨガベルトの使い方はとても簡単です。ベルトに付いているDカンや、バックルの穴にベルトを通して、サイズや長さを調整します。その輪っかを足先に通したり、太ももを固定したりと用途によって巻き方などを工夫して、様々な使い方をしていきます。

ヨガベルトの通し方はベルトの種類によっても異なるので、詳細はそれぞれの取扱説明書を参考にしてみてください。ちなみにほかのもので代用することもできますが、ヨガベルトは力をかけてもビクともしないくらい強度があるので、できるだけ専門のヨガベルトを使うのがよいでしょう。

ヨガベルトの選び方

ヨガベルトは商品によって少しずつ差がありますので、選ぶ前にポイントだけ押さえておきましょう!ポイントは以下の3つです。

● ヨガベルトの長さと幅
● 素材やデザイン
● バックルやDカン

それぞれについて、詳しくみていきましょう!

ヨガベルトの長さと幅

ヨガベルトの長さはさまざまですで、主流の長さは200cm前後です。最近では160cm以上の高身長の方も使いやすいように、長さ200cm以上のものもたくさん出ているので、身長に合わせて選ぶと良いでしょう。幅は4.5cm程度のものが多いようですが、5cmのものもあります。

misato
misato

ちなみに私は、幅5cmのスリアのヨガベルトを使っています。体重をかけても肌に食い込まないので使いやすいです。後ほど紹介します!

素材やデザイン

素材はコットン100%で作られているものがほとんどで、ヨガブランドは自然や環境に優しい素材を選ぶようです。せっかくのツールなので、デザインや色味にこだわるのも素敵です。練習の時間が楽しくなるようなものを選びましょう!

バックルやDカン

ベルトを通す穴もブランドやベルトによって違いがあります。主流はDカンで、扱いやすくておすすめです。バックルはしっかり固定してくれるので、ポーズごとに体の長さに合わせて調整すると使いやすくなります。一方、バックル一切なしのヨガベルトもありますが、これは上級者の人で流れるポーズの中で使いたいときに選ぶと良いでしょう。

おすすめの人気ヨガベルト6選

ここからは、おすすめの人気ヨガベルト6つをランキング形式でご紹介します!

第1位|マンドゥカ

第1位はマンドゥカ(Manduka)です!サポート力が高くなるようにバックルが開発され、頑丈なのでチャレンジングなポーズでも安定して使うことができます。マンドゥカはヨガマットがインストラクターに大人気のヨガブランドなので、マットと合わせてベルトを選ぶのも素敵です♡

● サイズ:幅3.2cm×長さ183cm
● 素材:リサイクルポリエステル100%
● 重量:181g

第2位|ヨガワークス

 

第2位は、人気ヨガブランドのヨガワークスです!長すぎず、短すぎないジャストサイズを追求したところ、240cmのヨガベルトが出来上がりました!ヨガだけでなく、ピラティスやストレッチなどのボディワークに最適です。

● サイズ:幅4cm×長さ240cm
● 素材:綿100%
● 重量:100g

第3位|スリア

第3位はスリア(suria)です!私が愛用しているベルトはスリアのもので、幅が5cmもあるので体に食い込まないのが特徴です。グイグイ体重をかけながらポーズを深めたい人は、このくらい安定感のあるベルトの方が安心かもしれません。

● サイズ:幅5cm×長さ200cm
● 素材:綿100%

第4位|ヨガデザインラボ

第4位は、ヨガデザインラボ(Yoga Design Lab)です!バリ島でインスピレーションを受けたカナダ人デザイナーが生み出したデザインは、カラフルで持っているだけでテンションが上がります♡ヨガをするのも楽しくなくちゃという人には、おすすめアイテムです。口コミでも高評価!

● サイズ:長さ240cm
● 素材:リサイクル素材
● 重量:軽量

第5位|アディダス

第5位はアディダスです。ご紹介しているヨガベルトの中でも、最も長いので、身長が高い人や男性に最適でしょう。丈夫なメタルDバックルを採用しているので、ヨガのポーズをサポートしてくれるのに役立ちます。

● サイズ:幅4.8cm×長さ253cm
● 重量:141g

第6位|PROIRON

第6位はPROIRONです!極厚2mmのストラップで安定しやすく、何と言ってもリーズナブルな値段が魅力になっています。持ち運びしやすいようにリングがついているので、スタジオやジムに持っていくときにも便利です。

● サイズ:幅3.8cm×長さ244cm
● 素材:コットン
● 重量:190g

人気ヨガブランドを安く手にいれるには

ASANA画像

おすすめのヨガベルトをご紹介してきましたが、有名ブランドが勢揃いしている、便利なヨガウェアサイトもご紹介します。セールを行っているシーズンには、MAX80%OFFになることも!代表的なブランドは以下のとおり。

● easyoga
● Suria(スリア)
● リアスストーン

おしゃれで実用的な、ヨガブランドが目白押しで、5,400円以上のご購入で送料無料になります。返品交換も無料なので、届いたときに「何か違うかも・・・」と感じたら、返品することもできるのが安心。

9:00までの注文なら当日発送可能なので、「次の週末にヨガに行きたい!」なんて急ぎのわがままも叶えてくれます。忙しい人もすき間時間にお得に買い物できるので、チェックしてみてください。

公式サイト

ヨガベルトを使ってポーズを上達させよう

ヨガベルトは自分一人ではできなかったようなポーズでも、高く足を持ち上げるイメージや、アライメントの微調整も可能になる優れものです。今よりもっとポーズを上達させたいと思ったらヨガベルトを活用してみましょう。

今後も便利で可愛いヨガアイテムをご紹介していきますので、お楽しみに。

おすすめの関連記事

misato

管理人のみさとです。フリーランスのヨガインストラクターでライターをしているアラサー。年間150冊ほど本を読む読書好き、20代には女ひとりで世界一周をしました...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事