全米ヨガアライアンスとは?ヨガインストラクターの資格RYT200

ヨガアライアンスのアイキャッチ
YOGA

ヨガインストラクターの資格でおすすめされる「RYT200」。言葉だけではよくわからないという人も多いのでは?そこでこちらの記事では、全米ヨガアライアンスのRYT200について詳しく解説します。資格の種類や費用、RYT200の難易度、おすすめの認定校・スクールなどもまとめました。

全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance)・RYT200とは

女性の画像

「全米ヨガアライアンス」は、ヨガインストラクターを目指す人の中で最もポピュラーなヨガインストラクターの資格です。RYT200を取得後は国内のスタジオだけでなく、海外でも国際資格として通用するため、知名度のある人気資格になっています。

全米ヨガアライアンスとは?

「全米ヨガアライアンス」は、90年代にアメリカで設立された非営利団体で、世界で最も知名度が高い非営利団体といわれています。全米ヨガアライアンスの認定校(RYS:Registrated Yoga School)で行われるヨガインストラクター養成コースを修了してから、全米ヨガアライアンスに登録するとRYT200などの認定資格が取得できる仕組みです。

全米ヨガアライアンスは世界70カ国で通用するともいわれているので、全米ヨガアライアンス認定のインストラクターであることは、日本だけでなく、世界各国で通用するスキルを持っているという証拠になります。

YOGA ALLIANCE

全米ヨガアライアンスの認定制度

たくさんの認定校で学ぶと質に差が出てしまうのでは?と考える人もいるかもしれませんが、全米ヨガアライアンスでは教育水準を高めるために、世界で共通の基準があります。

● アーサナ実践100時間
● 指導技術25時間
● 哲学30時間
など

内容はスクールごとに異なるので、教え方や流派、アーサナの数などはスクールごとのカラーがあります。普段通っているスタジオや、目指したいヨガの先生がいるスクールなど目的に合わせたスクール選びが大切です。

全米ヨガアライアンス資格の種類

ヨガの画像

ここからは、全米ヨガアライアンスの資格の種類についてみていきましょう。「RYT200」がポピュラーですが、ほかにも6種類あります。

①RYT200(全米ヨガアライアンス認定200時間)
②RYT500(全米ヨガアライアンス認定500時間)
③ERYT200(全米ヨガアライアンス認定200時間)
④ERYT500(全米ヨガアライアンス認定500時間)
⑤RPYT(全米ヨガアライアンス認定マタニティヨガ)
⑥RCYT(全米ヨガアライアンス認定キッズヨガ)

それぞれについて、詳しくてみていきましょう。

①全米ヨガアライアンス認定 RYT200

RYT200ロゴ

RYTは「Registered Yoga Teachers」の略で、RYT200は全米ヨガアライアンス認定の200時間の講座を受けると取得できる資格です。RYT200の難易度は高くないのでもっとも取得者が多く、指導経験がなくても、ヨガを習ったことがない初心者でも資格取得を目指せます。

日本でも50校ほどの認定校があるので、費用が安い、資格が短期で取れる、東京や大阪だけでなくハワイやオンラインで取れるスクールなどさまざまです。

②全米ヨガアライアンス認定 RYT500

RYT500のロゴ

RYT500は、全米ヨガアライアンス認定500時間のことです。資格取得には、以下の条件のどちらかが求められます。

● 全米ヨガアライアンスの認定校で500時間のプログラムを修了
● RYT200を取得した後に、300時間のプログラムを修了

合わせて最低100時間の指導経験が必要なので、RYT200に比べて難易度はグンと上がります。しかもRYT500を取得できる認定校は限られているため、別のスクールでとっても合算することができます。RYT500を取得したいと考えている場合は、スクールのホームページを見て元からRYT500が取得できるスクールを選ぶのもよいでしょう。

③全米ヨガアライアンス認定 ERYT200

ERYT200ロゴ

ERYTは「Experienced Registered Yoga Teacher」の略で、全米ヨガアライアンス認定200時間をさします。E-RYTは以下の3つが条件です。

● RYT200を取得
● RYT200を取得後、ヨガインストラクターとして2年以上活動
● 1,000時間以上の指導経験

上記の3つの条件を満たすせば登録することができるので、勉強時間も不要で難易度は高くありません。継続教育(養成講座やワークショップを提供する人)を担当できるようになり、200時間の養成講座でリードトレーナーになことができます。

④全米ヨガアライアンス認定 ERYT500

E-RYT500のロゴ

E-RYT500は、全米アライアンス認定500時間の資格で、エキスパートの資格です。求められる条件は以下のとおり。

● RYT500を取得
● RYT200を取得してから4年以上
● 合計で2,000時間以上の指導経験(うち500時間はRYT500を取得後に指導)

上記をクリアすると、ERYT500の登録が可能になります。RYT200を取得してから4年以上かけて指導経験を積むので、勉強は必要ありませんが難易度は高めでしょう。ERYT500に登録すると継続教育を担当できるようになり、養成講座の200、300、500時間のリードトレーナーとして活躍できます。

⑤全米ヨガアライアンス認定 RPYT

RPYTロゴ

RPYTは「Registered Prenatal Yoga Teacher」の略で、全米アライアンス認定マタニティヨガの資格です。

● RYT200 or RYT500の取得者
● 認定マタニティヨガスクール(RPYT)で85 時間のトレーニング修了
● 最低30時間のマタニティヨガ指導経験

の3つを満たすと、マタニティヨガRPYTの認定を受けることができます。単体でも講座を受けることができますが、全米ヨガアライアンスから認定されるにはRYTの資格が必要なので、難易度は低いものの受験資格を満たすことが大変かもしれません。

⑥全米ヨガアライアンス認定 RCYT

RCYTロゴ

RCYTは「Registered Children’s Yoga Teacher」の略で、全米ヨガアライアンス認定キッズヨガの資格です。RCYTの受験資格は以下のとおり。

● RYT200 or RYT500 取得者
● 認定チルドレンズヨガスクール(RCYS)で95時間のトレーニング修了
● 養成講座修了後、最低30時間のキッズヨガ指導経験

単体での講座受講は可能ですが、全米ヨガアライアンスに認定されるにRYTが必要になります。

全米ヨガアライアンス認定のスクール

ここからは、全米ヨガアライアンス認定のスクールについてご紹介します。日本でも50ヶ所以上の認定校があると言われている中でも、代表的な人気のスクールを3つピックアップしてまとめました。ヨガ業界の今後を生き抜くためにも、スクール選びはかなり重要です。

1.アンダーザライト

UNDER THE LIGHT(アンダーザライト)は、東京・代々木にあるRYT200の実績NO.1のスクールです。なんと国内の認定者の3人に1人は、アンダーザライトで資格を取得したといわれています。ヨガの専門雑誌でも有名なHIKARU先生、クランティ先生、中村尚人先生という講師陣に直接指導してもられるのが魅力。

TT1(初級コース)、TT2(中級コース)、TT3(上級コース)を受講すると「アンダーザライト公認ヨガインストラクター 」の資格、さらにAシリーズを3コース受講すると、合計200時間でRYT200が取得できます。費用は50万円程度で、その後RYT500も取得可能です。無料セミナーも行われているので、個別相談してみましょう。

公式サイトを見る

2. ヨガワークス

ヨガワークス

ヨガワークスは、1987年にアメリカのカリフォルニア州で生まれた全米最大手のヨガスタジオです。ヨガワークスのティチャートレーニングプログラムは、アシュタンガヨガ・アイアンガーヨガ・ヴィニヨガをブレンドしているので、今通っているヨガの流派が当てはまる人はぴったりでしょう。

講座は20日間かけて行われ、開催期間と日程がそれぞれ決められています。費用は50.7万円。スタジオは東京(銀座、五反田、下北沢、吉祥寺、茗荷谷)、横浜、大阪(梅田、心斎橋、千里中央)、三宮にあるので、通いやすいスタジオを選びやすいのも魅力です。無料相談会や1,000円で体験レッスンも行われています。

公式サイトを見る

3.YMCメディカルトレーナーズスクール

YMCの画像

YMCメディカルトレーナーズスクールは、新宿校・横浜校・梅田校・名古屋校・仙台校と全国6ヶ所にあるヨガインストラクター資格が取得できる学校です。これまでに22,000人以上の卒業生がいる実績があり、サポート体制が整っていることが魅力。

料金は国内が「バリュープラン54.8万円(税込)」「エコノミープラン42.1万円」の2種類あるので、安いスクールを探している人に最適でしょう。またハワイ、バリの海外ヨガ留学のコースもあるので海外留学したい人にもぴったり。

公式サイトを見る

全米ヨガアライアンス資格のまとめ

ヨガインストラクター資格でおすすめの全米ヨガアライアンスは、まずはRYT200の取得を目指しましょう。いろいろなスクールで資格取得ができますが、流派や教え方、費用なども違うので検討することが大切です。理想のヨガインストラクターになる近道になるスクールが見つかりますように!

おすすめの関連記事

misato

管理人のみさとです。フリーランスのヨガインストラクターでライターをしているアラサー。年間150冊ほど本を読む読書好き、20代には女ひとりで世界一周をしました...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事