未経験からヨガインストラクターに転職できる?経験談も紹介

ヨガインストラクターへの転職アイキャッチ
YOGA

未経験からヨガインストラクターに転職できるか、不安に感じてしまいますよね。答えはもちろんできます。この記事は、未経験からヨガインストラクターに転職する情報について詳しくまとめました。有利な資格や職務経験、志望動機、転職可能な年齢など、実際に会社員からヨガインストラクターに転職した私の経験も交えてご紹介します。

ヨガインストラクターへの転職状況

ヨガの画像

ヨガインストラクターは、他業界からの転職も多い職業です。実はヨガインストラクターから他業界に転職してしまう人も多い背景があることから、常に求人募集がかけられており、需要は高めといえます。「未経験OK」で募集している企業も多いので、まったくヨガインストラクターの資格や経験がない人でも、チャレンジすることが可能な職業です。

未経験からヨガインストラクターになる方法

PCの画像

ここからは、未経験からヨガインストラクターになる方法について見ていきましょう。「ヨガインストラクターの仕事がない」という噂もありますが、実際きちんと探せば仕事はありますよ。

①求人を探す

まずは、就職サイトなどで求人情報を探します。ヨガインストラクターの仕事募集がかけられる代表的な求人を一覧にまとめると、以下のとおり。

● ヨガスタジオ
● スポーツジム
● フィットネスクラブ
● パーソナルジム・トレーナー

比較的大きなスタジオでは、ヨガインストラクターは未経験の中途採用もあります。たとえば大手ホットヨガスタジオのLAVAでは、就職サイトでの募集もかけられていますし、公式サイトにも詳しい情報が掲載されているので要チェックです。

LAVAの正社員

②応募する

資格は必要ない場合が多いので、一般的な転職活動と同じように書類選考・面接を経て採用となります。自社の研修を経てインストラクターデビューする形になるので、たとえばLAVAではヨガのレッスンを受ける選考はありますが、実際にレッスンをするテストは行われません。

ただしフリーランスでヨガインストラクターを目指す人の場合は、オーディションを勝ち抜かなければいけないので、ヨガインストラクター資格を取得した方が有利です。

ヨガインストラクターへの転職に資格はいる?

ヨガの画像

ヨガインストラクターの就職先が「未経験OK」の求人の場合は、転職するときに資格は不要です。まったくヨガをしたことがない人でも採用される可能性はあるので安心してくださいね。ただしフリーランスのヨガインストラクターとして応募する場合は、オーディションで模擬レッスンをする場合が多いので、資格を取得してしっかり習っておく必要があります。

資格取得には2ヶ月〜2年が一般的で、全米ヨガアライアンス認定RYT200は取得に50万円ほどの費用がかかります。資格についてはこちらの記事も参考にしてください。

ヨガインストラクターに転職する人の志望動機

ノートの画像

ヨガインストラクターに転職する人に志望動機を見てみると、以下のようにまとめられます。

● 会社員時代に習っていたヨガで心身ともに健康になったので、自分もヨガインストラクターとして多くの人の幸せに関わりたいと思った
● 女性の美に興味があった
● 「未経験OK」に惹かれてプロになりたいと思った

ヨガインストラクターは未経験でも、ヨガに興味があった・ヨガをしていて楽しくて関わりたいと思ったということが伝えられるとよいでしょう。

未経験の志望動機

未経験の場合の志望動機は、「採用して即戦力として活躍してくれそう」「生徒(お客さま)に人気が出そう」と思われることがポイントです。ヨガへの興味はもちろん、なぜこの企業を選んだか、入社してからの目標をしっかり伝えましょう。未経験だからといってネガティブになる必要はありません。

役立つ職務経験はある?

ヨガインストラクターはレッスンをするだけでなく、生徒であるお客さまと接する仕事です。これまでの接客経験や、営業経験など、幅広い知識を役立てることができます。ほかにもピラティス経験者、フィットネスジムのバイト経験者、パーソナルトレーナーとして活躍したことがあるなど近い業界・業種は重宝される可能性が高いです。

志望動機については、こちらの記事も参考にしてください。

【経験談】ヨガインストラクターへの転職面接

ヨガの画像

ヨガインストラクターの転職面接では、企業によっても異なりますが、職務経歴書や履歴書をもとに面接が行われます。ここでは、私の経験談と、役立つ職務経験について見ていきましょう。実際にヨガインストラクターの転職面接を受けたときには、一般的な面接で聞かれることの受け応えがほとんどでした。

● 前職の仕事内容を教えてください
● 自己PRをお願いします
● 志望動機は何ですか?
● ほかに受けている企業はありますか?

など。1社しか受けていないのに、ほとんど面接の練習をしていなかったので最終面接で「ちゃんと自分ひとりで練習すればよかった!」というのが後悔ポイントです。面接では「お客さまの前でどんな対応をするのか?」「社員同士でうまくスタジオ運営できるのか?」ということが見られているので、人柄や印象を意識しておきましょう。

ヨガインストラクターへの転職可能な年齢は?

ヨガインストラクターへの転職可能な年齢は、20代〜30代がほとんどのようです。とくにホットヨガでは体力を消耗しやすく、ヨガインストラクターが大変な仕事なのが現実です。「辞めたい」というヨガインストラクターも多くて転職してしまう人も多い業界なので、なるべく若い世代の採用が好まれるでしょう。

ただしやりたい熱意があれば、何歳からでもヨガインストラクターを目指すことができます。年齢がネックになると考える人は、フリーランスの道がおすすめです。年齢について気になる人は、こちらの記事も参考にしてください。

ヨガインストラクターへの転職のまとめ

ヨガインストラクターの転職は、未経験OKの採用も多いので、積極的に応募することができます。志望動機や企業研究をしっかりしてのぞむことがポイントです。フリーランスの場合はヨガインストラクター資格の取得を目指しましょう。

misato

管理人のみさとです。フリーランスのヨガインストラクターでライターをしているアラサー。年間150冊ほど本を読む読書好き、20代には女ひとりで世界一周をしました...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事